不倫裁判で有利な証拠と使えない証拠。LINEやメールは証拠になる?

不倫 証拠 LINE

お互いどんなに本気で愛し合っていたとしても、不倫という行為は法律上は認められていません。

それ故、もしも不倫がバレてしまえばそれ相応のペナルティーを受けることになるでしょう。

不倫がバレた時に考えられるリスクについては
不倫がバレた時の大きなリスク4選を参考にしていただければと思いますが
やはり不倫の代償は大きいと思うはずです。

そんな大きな不倫のリスクですが、これは
貴女たちの関係が法的に不倫だと認められた場合に関係してくるものとなります。

では、法的に不倫だと認められる時というのはどのような場合なのでしょうか?

  1. 貴女、もしくは不倫相手が『私は不倫をしています』と自白する
  2. 既婚者側の配偶者が不倫関係に気づき、問い詰められた時に素直に認める
  3. 不倫関係を認めなかったが、配偶者に証拠を用意されてしまい裁判で負ける

大抵の場合はこの3つのうちのどれかです。

1と2に関しては特に説明の必要が無いと思いますが、問題は3です。

配偶者に不倫がバレてしまっても、不倫しているほとんどの人は簡単には認めません。
慰謝料を含め、大きなペナルティーが待っているからですね。

そんな時には裁判で決着をつけることになる場合が多いのですが
その裁判で訴える側が必ず用意すべきものが『不倫の証拠』です。

貴女はこの『不倫の証拠』について、どのようなものが当てはまるのか考えたことがあるでしょうか?

不倫相手とのLINEやメールのやり取り?
不倫相手とデートしている所を見られてしまった証言や写真?

現在不倫中という方でも、不倫の証拠についてしっかりと考えたことがなかったり
勘違いしている方も多いのですが、これはとても重要な問題です。

もしも貴女が、不倫の証拠について
実はよくわかっていないというのであれば、この記事をお役立てくださいね。

ということで、この記事では

  • 不倫がバレて裁判を起こされた際に有効な証拠とはどのような物なのか?
  • 使える証拠と使えない証拠の違い

について詳しくお伝えしていきます。

SORA

初めに断っておきますが、私は不倫を推奨してるわけではありませんが
不倫に対して絶対悪だとも思っていません。
あくまでも中立的な立場でお話ししていますが、今回の記事については
不倫している側に有利な内容となっています。

目次

不倫がバレた?裁判で使える有効な証拠はどんなもの?

パートナーの不倫を理由に離婚したい、慰謝料を請求したい、不倫相手にも慰謝料請求をしたい。

でも相手が不倫を認めない。

そんな時には不倫の証拠が必要です。

ここで、大前提となることを先にお伝えしておきますが

裁判で有効となる証拠は
「不倫の証拠」ではなく
「不貞(ふてい)」の証拠です。

※不倫と不貞の違いについてはこちらをどうぞ。
リンク貼る

裁判で有効になるものは「不貞行為」を証明できる証拠。
すなわち、肉体関係があったかどうかが重要です。

とても大事なことなので、もう一度。

不倫された側が裁判で勝つためには、最低条件として
肉体関係を証明できなければいけません。

これが基本中の基本、絶対に必要な条件です。

肉体関係を証明できなければ、法律上で出来ることは何もありません。

例えば…

仮に、貴女の中で「自分に内緒で他の異性と手をつなぐことは立派な浮気である」という考えがあったとして、実際に夫が貴女以外の女性と手をつないでいたとしたら、それは間違いなく浮気になるでしょう。

実際に手をつないでいるところの写真を撮ったとすれば、浮気の証拠にもなります。

ただし、これはあくまでも“貴女にとって”の浮気であり、法的な効力は何もありません。

浮気の証拠=不貞の証拠ではありませんので、このような写真が何枚あっても
裁判で勝つことは出来ません。

SORA

被害者側にとっては不利な条件ですが仕方ありません…。

では次から、裁判で有効となる証拠とはどのようなものなのかを具体的にお伝えしてきますね。

不倫で強い証拠1 不倫相手との肉体関係を否定できない写真

やはり何と言っても強いのは肉体関係を持っているとわかる写真や動画です。

パートナーと不倫相手がラブホテルに出入りしている写真などは多いパターンですし
それに加えて、意外と多いのが

肉体関係を持っていなければ中々撮影することが難しいであろう
不倫相手の裸の写真(スマホの中に残されていることが多い)

不倫相手の裸の写真なんて、万が一見つかった時の事を考えたら絶対に残しておけないんじゃないの?と思いそうですが、実はこのパターンはかなり多いのです。

この行為は、冷静に考えるとかなり危険度が高いのですが
不倫について安易に考えている方はその場のノリでやってしまう事が多いのですね。

特に男性の場合は危険度を分かっていつつも、どうしてもその時の欲望に勝てずに
このようなミスを犯しやすいです。

不倫や浮気をしている人はスマホにロックをかけている人がほとんどだと思いますので
スマホの中身を見られるという事を考えずに油断していることも多いのですが
何がきっかけで見られてしまうかはわかりませんので注意が必要ですよ。

SORA

案外簡単なパスワードにしている人も多いですし
指紋認証タイプであれば意外と簡単にロック解除されてしまいます。

不倫で強い証拠2 肉体関係がある事が明確なLINEやメール

不倫現場の写真や動画の他にもLINEやメールも有効です。

ただし、LINEのメッセージやメールも写真と同様に肉体関係があったという事がわかるようなものに限られます

たとえばSEXの内容であったり感想という直接的なものに関しては文句なしで
不倫の証拠となりますし、仮にそこまで明確な内容ではなくても
不倫相手の家やホテルで会った内容であったり、妻に内緒で旅行に行ったなどの内容でも
ほぼほぼ肉体関係があるとみなされますので有効となります。

不倫の証拠となりそうなLINEやメールを発見したものを
自分のスマホでスクリーンショットして残しておくのが一般的ですね。

この時、焦ってしまって一部分しか残していないとか
ブレてしまっている場合など、しっかりと必要な部分が写っていなかったりすると
証拠としては威力が半減します。

SORA

メールであれば送信元や送信先、LINEに関しても相手の名前の部分までしっかりとスクショしておくと完璧です。

用心深い人の場合は、スマホ直結で見やすいメールやLINEは避けて
いちいちログインするようなSNSを利用して不倫相手とやり取りしている事も多いですね。

裏アカを作って不倫相手と連絡を取っている人も少なくないですが、不倫の証拠を探している配偶者からすればその辺りも想定内ですのでご注意ください。

肉体関係を証明できない時には「合わせ技」でもOK

このように、不貞の証拠としてかなり強めとなるのは
肉体関係が証明できる内容の物となりますので、このような類の証拠を用意できれば一番良いのですが
やはりここまではっきりとした証拠が見つけられないという場合も多いと思います。

しかしながら、実は直接的に肉体関係を証明できなくても裁判で戦える方法があります。

それが「合わせ技」

ものすごく強い証拠ではないけど、怪しい証拠でも数を集めれば裁判で有利な証拠になるという事ですね。

具体的に例を挙げていきます。

肉体関係がはっきり書かれていないLINEやメール

強い不倫証拠としてお伝えしたのは肉体関係がはっきりしたLINEやメールですが
最悪、肉体関係を証明できない内容の物でも不倫の証拠としては有効です。

イチャイチャした恋人気分が炸裂した内容であったり
浮気や不倫といった文字が入っている(本人たちが不倫を自覚している)などの内容であれば
証拠として役に立ちますし
文字だけではなく、デート中の写真なども合わせ技を使う際には有効となります。

そのような内容のLINEやメールは数があった方が強いので
1通だけではなく、日時をずらして複数回分用意できると威力を発揮します。

レシートやクレジットカードの明細も不倫の証拠として使える

不倫の証拠として認められやすい証拠として
レシートやクレジットカードの明細も有効です。

普段しっかりしている人でも、ついうっかり
カバンや財布、ポケットの中などにレシートを入れたままという人も少なくありません。

クレジットカードの明細についても、気を付けて確認してみると不倫を感じさせる内容のものがたくさんあることも。

「よく見たら、一人分としては高くない?」

「会社の人とこんなオシャレそうなお店に行く?」

「てゆうか、そもそもこの店ってレディース専門じゃない?」

などなど、不倫を疑う配偶者からすれば不倫証拠の宝庫になっていることが多々あります。

それらの量が多く、しかも全て保管されたりすれば比較的強めの証拠となります。

家族や身内以外の第三者からの証言&日記

一撃で相手を撃沈させられるほどの強い証拠が無い場合は
できるだけ多くの証拠が必要です。

その場合、友人関係や知り合い、職場の人間など、身内以外であれば誰でも良いので
第三者の証言も不倫の証拠として利用することが出来ますよ。

特に男性が不倫していた場合、妻に対して不倫を匂わす様な事を言うわけがありませんが
自分の友人なんかにはポロっと言ってしまう人が多いです。

不倫相手との関係が良好だった場合は、やはりとても気分が良いのでしょう。

友人と飲みに行った時なんかはお酒も入っていますし
ちょっと自慢要素も含めて誰かに話したくなり、同性の友人であれば不倫の事実を暴露してしまう人が意外と多いものです。

SORA

これは不倫されている側へのアドバイスですが、夫の友人等に証言を求める場合は
ある程度の証拠が集まってから、最後にした方が良いです。
1つも証拠が取れていないうちに第三者に事情を話してしまうと
夫に密告されて証拠を隠滅されてしまう可能性があります。

あとは日記も重要です。

確信は無かったとしても
夫の不倫を疑い始めたら、旦那の行動や態度などを含めて、できるだけ細かく日記に残しておくと
これも裁判で有効な証拠となります。

この他にも、金銭的に余裕がある方であれば
不倫相手と会いやすくするために、不倫相手に賃貸でお部屋を用意するという人もいます。

その場合は賃貸契約書があったりする事もあり、これは中々強い証拠です。

あとはスマホの通話履歴をチェックしてみる事も有効です。
直近3ヶ月分くらいであればキャリアに請求すれば見る事が出来ます。

不倫の裁判で認められにくい証拠とは?

ここまでで不倫裁判に有効な証拠についてお話ししましたが
逆に裁判で使えない証拠とはどんなものなのでしょうか?

簡単に言えば
上でお伝えした「合わせ技」で使える、肉体関係を証明するにはちょっと弱い証拠を
単体で利用する場合は裁判という事を考えると少し難しいです。

上でお伝えした以外に考えられるものも含め
あまり有効ではない証拠の例を具体的に出してみますので参考にして下さい。

不倫裁判で認められにくい証拠の一例
  • 「好き」「愛してる」など、相手に対する気持ちが書かれたLINEやメール等
  • デート中の写真(手を繋いでいたり、仲良さげな写りでも×)
  • 風俗店の名刺
  • 旦那の下着に付いた体液

一例とはなりますが、これらは全不貞の証拠としては不十分です。

上2つは肉体関係が証明できませんし、風俗店は問題外。

最後の下着に付着した体液に関しては、夫の帰宅直後にこうなっていれば
一般的にはクロだと思う人が多いですし、実際その可能性が高いとは思いますが
この事実だけだと言い訳がかなり出来ますので裁判で使えるかどうかと言われるとかなり弱いです。

SORA

どんなに確信があっても『風俗・自慰』と言われるのがオチですし
そもそもこれだけだと相手が特定できませんから裁判では使い物になりません。

肉体関係を証明できた場合でも難しい場合がある

不倫相手との肉体関係を証明できれば「不貞行為」となり、それを理由に離婚をしたり
慰謝料請求ができるとお伝えしてきましたが、これにも実は落とし穴が存在します。

実際にあった実例としてこのようなものがあります。

夫に不倫された妻が自力で夫の不倫の証拠を掴みました。

その証拠とは、ラブホテルから出てくる夫と不倫相手の写真です。

これは確実に強い証拠だ!間違いなく勝った!
これで夫と不倫相手から慰謝料をたくさん取って自分に有利な条件で離婚も出来る。

そう思っていたのに、離婚理由が『不貞によるもの』とはならず
慰謝料も不倫で請求できる相場の金額よりもはるかに少ないものでした。

夫と不倫相手の肉体関係を証明できる強い証拠を提出したにも関わらず
妻はなぜこんな目に合ってしまったのでしょうか?

実は、ラブホテルに出入りしているような肉体関係を証明できる強い証拠だとしても
1回分では弱いのです。

不倫された側からすれば、1回でも十分だと思うと思いますし納得できないと思います。

夫の不倫現場を自力で抑えるなんて簡単なことではありませんし
やっとの思いで手に入れた強い証拠なのに、こんな結果になってしまうなんて。

解説すると、

この場合、肉体関係は証明されますし、不貞行為があったという事にはなる場合が多いのですが
1回分の証拠しかなかった場合は少しやっかいなのです。

もしも夫が
『ほんの出来心で1回だけやってしまった。心の底から反省しています、もうしません』と言えば
意外にもそれほど厳しい判決が下らないこともあるんですよ。

かみ砕いてお伝えすると

『初めての浮気だし、たったの1回でしょ?旦那もすごく反省してるから許してあげなよ。
まぁ1回くらいなら不貞が原因での離婚にするにはちょっと厳しいよねぇ…。』

みたいな感じで、不貞行為は認められているにも関わらず
1回分の証拠だと、なぜか不貞行為が理由での離婚にはならない事が多いのです。

それでも離婚したいという場合は

『婚姻を継続しがたい事由』として離婚することになり
慰謝料の金額もかなり減額されてしまいます。

このように、不倫した側と不倫された側では
圧倒的に不倫された側が不利になってしまうのが現在の日本の法律です。

不倫裁判で有利な証拠と使えない証拠。LINEやメールは証拠になる?まとめ

いかがでしたか?

この記事では配偶者の不倫を証明するための証拠について詳しくお伝えしましたが
一言でまとめると

裁判で有効に証拠は
肉体関係が証明できるもの。

これが最低条件です。

そして、日本の法律では
不倫された側が圧倒的に不利ということですね。

相手が“ぐうの音”も出ないほどの不貞の証拠を用意することができれば
離婚や慰謝料を含めて、不倫された側がかなり有利に話しを進めていく事ができますが
そもそも、その不貞行為を証明することがとても困難です。

不倫を追及して素直に認めてくれるような配偶者であれば良いですが
妻に対して愛情が無くなっていたり、不倫相手の女性に本気になってしまっている状態の男性であれば
妻に対しての罪悪感すら持ち合わせていないことも多く、簡単に認めることはしないでしょう。

しかしながら、今現在不倫中という方で
もしも既婚男性の妻が訴えを起こすと言えば、これは既にかなり強力なカードを持っていると考えるのが普通ですから、覚悟しておいた方が良いかもしれません。

この記事の内容は
不倫している側、されている側両方にとって知っておいて欲しい事です。

不倫中の方は、今回の記事でお伝えしたような内容にご自分達が当てはまらないかどうか、
配偶者の不倫を疑っている方は、今日お伝えしたことを参考に裁判で利用できる証拠を探してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不倫経験ありのアラフォー女子(?)でありながら
メンタルケア心理士。
「類は友を呼ぶ」なのか、なぜか周囲にも不倫経験者が多いという不思議。
不倫で悩む女性に幸せになってもらいたいと常々思っていましたので、自分の経験も含めてサイト運営を始めることにしました。

目次
閉じる