『不倫ってどこから?』不倫と不貞、浮気…意味の違いは?

不倫 不貞 違い

この記事では、一般的によく使われることが多い
【不倫】と【浮気】の違いに加え、少し聞きなれない【不貞】という言葉の意味や違いについて解説していきます。

不倫で悩んでいる女性にとっては、特に【不倫】と【不貞】の意味の違いは重要になってきますので
必ず覚えておきましょうね。

目次

浮気と不倫の違いと意味☆裁判では使えません

浮気も不倫も、意味としては
特定のパートナー以外の人に異性感情を持った上で関係を持ったりするという認識で
同じような意味合いですが、簡単に違いを説明すれば婚姻関係の有無です。

SORA

浮気のみの場合は同性愛者の方もいますので「異性」という書き方は間違っていますが
今回は婚姻関係のある不倫についてのお話しなので、わかりやすくするために異性という書き方をしています。

ただし、厳密にいうのであれば
不倫という言葉の中には浮気の意味も含まれます。

例えば、

「旦那が不倫した」という使い方もあれば
「旦那が浮気した」という使い方をする人もいますが、どちらも同じ意味で使い方としても間違っていません。

一方、浮気という言葉は婚姻関係が無い場合にのみ使える言葉です。

「彼氏が浮気した」という使い方はしても
「彼氏が不倫した」とは言いませんよね。

そして浮気や不倫の意味について、先ほど
「特定のパートナー以外の人に異性感情を持った上で関係を持ったりするという認識」とお伝えしましたが、改めて考えてみると
とても漠然としていると思いませんか?

浮気にしても不倫にしても、どこからが浮気や不倫と呼ぶのかについて正確な決まりはありません。

自分に内緒で他の異性と食事に行っていたという時点で浮気だと思う人がいれば
キスしたら浮気だと考える人もいますし、はたまた完全に肉体関係が無いのであれば浮気や不倫とは呼ばないと考える人もいますよね。

このように、浮気や不倫という言葉に関しては、意味がとても曖昧なものとなります。

ここからが重要なポイントですが
一般的によく使われる、浮気や不倫という言葉は
実は法律用語ではありません。

そして、仮に配偶者に不倫されて裁判を起こしたいと思った時に
【浮気・不倫】では離婚理由にはできませんし慰謝料請求も出来ません。

裁判で離婚理由に出来るのは、この後に説明する
「不貞(ふてい)」が認められた場合になりますので、続けてご覧ください。

不貞(ふてい)の意味と不倫との違いは?裁判で使えます

不貞という言葉は一般的にはあまり聞きなれないかもしれませんが
裁判を起こすときには浮気や不倫という言葉よりもかなり重要になってくる言葉です。

不貞は不倫と似た意味ですが
不倫の時のような曖昧さが無く、確実に肉体関係があった場合に使われる言葉です。

不倫の時は、
「どこからが不倫になるのか?」という部分で、法律的に厳密な決まりが存在しないため
人それぞれで線引きが異なる可能性がありましたが、不貞になると100%肉体関係がある状態です。

どこからが不倫?と質問されたときに
「体の関係を持ったら」という認識の人からすれば
不倫も不貞も同じ意味という事ですね。

そして、裁判でこの不貞行為が認められれば
立派な離婚原因となり、高額な慰謝料の請求はもちろん、離婚の条件も含め
訴えを起こした側に有利な状態で進めることができます。

「不貞」は裁判用語となり、不倫が原因で裁判を起こす際には
不貞行為があったか、すなわち、肉体関係があったのかどうかということが最重要ポイントで判決が決まります。

ということはつまり、
たとえ配偶者が自分以外の異性と、デートしていようと抱き合っていようとキスしていようと
「不貞行為」とはみなされません。

慰謝料請求や不倫を理由として離婚したいのであれば
そこには必ず肉体関係が無ければ難しいという事なのです。

不貞行為は基本的に“性交”があった場合とされていますが、一部例外もあり
直接性交は無くとも、オーラルセックスを含め射精を伴う行為は不貞行為とみなされることも多いです。

『不倫ってどこから?』不倫と不貞(ふてい)、浮気…の違いは?まとめ

このように、浮気・不倫・不貞という3つの言葉は意味がとても似ていますが
いざ裁判を起こすとなった時には重要度が全く違います。

浮気や不倫という言葉は、一般的に使われることが多い言葉ですが
人によって捉え方が異なり、肉体関係が無い場合にも使われることが多々あります。

一方、不貞に関しては確実に肉体関係がある状態のことを指し
だからこそ裁判で有効な証拠となるのですね。

最後にもう一度、3つの言葉を比較してみましょう。

一般的な意味裁判で使えるかどこから?
浮気婚姻関係のない場合
パートナー以外とデートをしたり
関係を持つこと
その人次第
不倫婚姻関係がある場合
配偶者以外の人とデートしたり
関係を持つこと
その人次第
不貞婚姻関係がある場合
配偶者以外の相手と肉体関係を持つこと
性交あり

貴女が配偶者の不倫を疑う立場でも
逆に、不倫している立場でも、不貞という言葉は知っておかなければいけない言葉ですので
しっかり覚えておきましょう。

\ カリスマ占い師の本格鑑定が本当に当たる /

こちらもどうぞ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不倫経験ありのアラフォー女子(?)でありながら
メンタルケア心理士。
「類は友を呼ぶ」なのか、なぜか周囲にも不倫経験者が多いという不思議。
不倫で悩む女性に幸せになってもらいたいと常々思っていましたので、自分の経験も含めてサイト運営を始めることにしました。

目次
閉じる