不倫中のバレンタイン…プレゼントはどうする?

不倫 バレンタイン プレゼント

大好きな彼がいる女性にとっては特別なイベントであるバレンタイン。

バレンタインは大好きな男性に自分の気持ち伝える大切な日ですから
不倫であっても何であっても特別なことには変わりません。

そんな特別な日ですから、不倫相手の男性にバレンタインのプレゼントを贈りたいと考えている女性はとても多く、あるアンケートによると、
不倫相手にバレンタインのプレゼントを贈ると答えた女性は
なんと8割以上。

不倫中のほとんどの女性が既婚男性にプレゼントを贈りたいと考えているという事ですね。

この記事では
女性と男性のバレンタインについての考え方の違いをお伝えしつつ
それを踏まえて考えた時のおすすめのプレゼントをご紹介していきます。

目次

不倫相手へのバレンタインプレゼント“絶対”に考えるべきこと

先に重要なことをお伝えしますが
バレンタインのプレゼントを選ぶ時に絶対に気にしてほしいことが

相手の男性の迷惑にならないものを選ぶ

ということです。

大好きな彼には素敵なプレゼントを贈りたいと考える女性が多いのですが
あくまでも不倫関係であるということを忘れてはいけません。

たとえ貴女と彼がお互いに本気であったとしても、現状として不倫関係にあるのであれば
今はまだ怪しまれる行動は絶対に避けることです。

その事を踏まえて考えると

  • 形に残らないもの
  • 形に残るものであれば不倫を怪しまれないもの

この2点は絶対に考えてプレゼントを選ぶようにしましょう。

バレンタインやクリスマスなど、イベントの時というのは不倫がバレてしまいやすいタイミングです。

イベント時は女性からすれば特に大事にしたいところですが、ここで張り切ってバレてしまうと大変なことになりますので慎重に進めましょうね。

不倫中のバレンタインに対する男性の本音。

バレンタイン以外にもクリスマスや誕生日など、一年を通してたくさんあるイベント。

このイベントというものは男女によって考え方や重要度に大きな違いがあることが多く
男性よりも女性の方が重要視する場合が多いのですが、特にバレンタインに関しては
女性が考えているよりもさほど気にしていないというのが不倫男性の本音です。

SORA

あくまでも一般的に多い不倫男性の本音ですので例外もあります。

独身の時や、年齢的にまだ若い男性であればバレンタインを気にする方もたくさんいますが
既に既婚者であり、そこそこ落ち着いた年齢になっている男性からすると実はそこまで楽しみにしているイベントというわけでもないのです。

イベントの事を抜きにしても、不倫男性が常に気にしていることは
貴女との関係が周囲にバレないかどうかという事ですので、
イベント時のプレゼントに関しては
実は贈る側の女性よりも気にしているという男性も多いんですよ。

もちろん、大好きな女性が自分の事を考えて選んでくれたプレゼントですから
気持ちとしては嬉しいに決まっているのですが、もしもそのプレゼントが
不倫がバレてしまう原因になってしまうようなものであれば素直に喜べません。

大好きな貴女との関係が終わってしまうくらいであれば
プレゼントなんか何もいらない、一緒に過ごせればそれだけで十分

これが不倫男性の本音なのです。

不倫男性が本音で喜ぶバレンタインのプレゼントとは?

不倫している、又は不倫したことがあるという既婚男性の多くは
バレンタインはプレゼントよりも彼女と楽しく過ごしたいと思っているのですが
それでもせっかくのバレンタイン。

やっぱり何かプレゼントしたいと考えている女性も多いので
ここでは、既婚男性に本音で喜んでもらえるバレンタインのプレゼントをご紹介します。

SORA

不倫経験のある男性に対し「バレンタインに貰って嬉しかったもの、又はこんなプレゼントなら嬉しいと思う物は?」というアンケートの結果を元にしてお伝えしますので是非参考にしてみてくださいね。

バレンタイン付近で不倫相手の彼とデート出来る場合

まずは、
バレンタイン当日、又はその付近の日程でしっかりと時間を取ったデートが可能な場合です。

二人で一緒に楽しめるチョコレート

自宅に持ち帰る必要が無いのでバレてしまう心配がありませんし
好きな女性と一緒に楽しめるということが更に嬉しいようです。

この場合は、量は必要ないのでちょっと高級なチョコレートがオススメ。
甘いものが苦手な男性であれば、食事をご馳走してあげたり、彼が好きなお酒を一緒に楽しむと良いですね。

セクシーな演出

やはりここは男性ですので、こんなプレゼントも嬉しいとのこと。
いつもよりセクシーな下着を付けてほしいとか、いつもは使わないような媚薬やグッズを使いたいなど、セックス関連でサービスしてほしいという声はとても多いです。

成功すれば彼は更に貴女の虜になってしまう事でしょう。

ただし、やりすぎると引かれてしまうのでご注意を…。

このように、直接デートできる場合は
形に残らないプレゼントでも、十分過ぎるくらい喜んでもらえます。

バレンタインに短い時間しか会えない場合

続いては、残念ながらしっかりとしたデートが出来ない場合です。

淋しいかもしれませんが、彼も同じ気持ちです。
一緒に過ごせない分、彼が喜んでくれるようなプレゼントを考えてみましょう。

その場で食べきれるチョコレート

しっかりとしたデートは出来なくても、お喋りするくらいの時間ならあるという場合は
2人で一緒に食べられる高級チョコレートがおすすめです。

その際、チョコレートの箱などは彼に任せずに貴女が持ち帰るように提案してあげる
彼からすればとても嬉しいはずです。

SORA

貴女のことを大切に想っているのであれば
自分から「包装紙は持ち帰ってくれない?」なんて言いにくいですからね。
彼を困らせない為にも、ここは貴女から提案してあげましょう。

ボールペンや名刺ケース

彼の職業にもよりますが、ボールペンや名刺ケースなどは仕事でよく使いますし
これらの物は会社のデスクに置いておけますので自宅に持ち帰らなくても大丈夫です。

普段、使い捨てのボールペンを使っているという男性がほとんどですので
一生モノにできる高級ボールペンのプレゼントは嬉しいようです。

価格は5.000円程度の物から数万円。

高い物であれば100.000円以上のボールペンまであります。

名刺ケースもビジネスマンには必需品であり、この場合は革製品がおすすめ。
本革であれば長く使えますし、使い込む分だけ味が出てきます。

ボールペンにしろ名刺ケースにしろ、男性は女性よりも小物に気を使いますので
仕事で使える良い物をプレゼントされるととても嬉しいみたいですね。

ただ、プレゼントを渡すタイミングによっては一回は自宅に持ち帰らなければならないことも考えられるので、その辺りは慎重に考えるようにすると良いでしょう。

いかにも義理チョコみたいなチョコレートは、彼がそのまま自宅に持ち帰ったとしても
職場の女子社員に貰ったと言えば全く怪しまれることが無いので一番楽なのですが
せっかく好きな男性へのプレゼントですから、さすがにそれはちょっと…という女性がほとんどではないかと思います。

そんな時は
「職場の女子社員全員から1つ」という形にすれば、多少高級なチョコレートにしても怪しまれませんのでご参考までに。

絶対にダメ!不倫相手にプレゼントしてはいけないもの

逆に、不倫相手へのプレゼントとして避けた方が良いものについてもお伝えしておきます。

この“避けた方が良い”という理由にも2種類あって、

一つめの理由は
不倫を怪しまれそうだから

二つめの理由は
男性的に引いてしまうから

ここでは、この2種類の理由それぞれについて書いていきます。

不倫を疑われてしまうバレンタインのプレゼント

バレンタインのプレゼントによって不倫を疑われてしまう時というのは

  • 高価なものをプレゼントした時
  • 普段の生活の中で彼自身がわざわざ自分で買わないような物をプレゼントした時

大きくはこの2つです。

バレンタインの定番であるチョコレートだとしても
明らかに義理チョコとは思えないオシャレで高級なチョコレートなんかをプレゼントしてしまうと、まず間違いなく疑われます。

もちろんチョコレートだけの話しではなくて
特別感が出てしまう高級なお酒なんかも同じで、かなり危ないです。

SORA

特にスイーツ系は女性の方が詳しいですから、男性からすれば単なるチョコだと思って
「会社の子に貰った」なんて嘘をついても、妻には高級チョコだとバレてしまうことも…。

食べ物以外であれば、お財布やネクタイなんかをプレゼントしてしまう女性も意外と多いのですが
これもかなり危険。

形に残るものであれば、それは妻の目に付かないものにする必要があります。

先ほどの名刺ケースやボールペンをはじめ、オフィスに置いておけるようなものであれば良いですが
さすがにお財布はオフィスに置きっぱなしにできないですよね。

妻という存在は、意外と細かいところまで夫の持ち物を把握しているものですから
ある日突然財布が変わっていたらすぐに気づきます。

普段から自分のお小遣いの中で財布やネクタイを買うような男性であれば怪しまれないかもしれませんが、そのような男性はかなり少ないですので、高確率で不倫を疑われてしまいますよ。

この他にも、名刺ケースくらいの感覚でパスケースを選んでしまう方もけっこう多いのですが
パスケースは財布と同様に置きっぱなしにできないものですから妻の目につきやすく危険です。

男性が引いてしまうバレンタインのプレゼント

ここからは、バレンタインのプレゼントとして男性が引いてしまうプレゼントですが
これは作り話ではなく実際にあったことです。

危険度の低い順番でご紹介していきます。

【初級】危険度★☆☆
「超」が付くくらいの高級チョコレートセット

こちらは甘いものを食べない男性の体験談ですが、普段から自分が甘いものを食べないことを知っているであろう不倫相手の女性が「とても高級なチョコレートで美味しいから是非食べてみてほしい」ということで貰ったようです。
ご本人からすると、やはり好きじゃないのでその場で食べる気にはなれず、だからと言って受け取らないわけにもいかないので、不自然すぎる超高級チョコレートを自宅に持ち帰るしかなくてすごく困ったそうです。

どんなに高級であろうと、オススメのものであろうと
男性側が苦手なものをプレゼントするのは押し売りになってしまうので気を付けたいですね。

手作りのお菓子

こちらは甘いものが大好きな男性の体験談。
不倫相手の女性とも普段からスイーツビュッフェに行ったり、美味しいスイーツのあるレストランに行ったりしており、自分の好みも知ってもらっている仲でした。

バレンタインは不倫相手の女性と過ごす予定で、彼女も「バレンタインは楽しみにしててね!」と言われていたので、自分の好きなスイーツ店の特別なものでも用意してくれているのかもと期待していましたが
当日出されたのは彼女の手作りチョコレートケーキ。

スイーツが好きだからこそある程度こだわりがある男性に対して、普段からあまり料理をしない彼女が作ったケーキがどのように映ったのかは言うまでもありません。

「正直、見た目の時点で美味しくなさそうで食べたくありませんでした。
でも目の前にとても自信満々の彼女がいて僕が美味しいと喜ぶことを期待しているのがすごくわかるんです…。プレッシャーが凄くて無理やり食べ、お世辞で美味しいと言うしかなく…。」

手作りスイーツは苦手な人も多いです。
特に、付き合って日が浅い場合やプロ並みに自信がある人以外はやめておいた方が良いでしょう。

【中級】危険度★★☆
手編みのマフラーや手袋

こちらも手作りスイーツと同様でやめておいた方が良いでしょう。
スイーツであればその時我慢すれば済むことですが、形に残るものの場合そうはいきません。

「不倫相手に手編みのマフラーを貰ったことがありますが、かなり困りました。
上手に出来ていたと思いますが、普段の服装的にボリュームのあるマフラーは使えないです。
使わないようなマフラーだし、明らかに既製品ではないので自分で買ったとも言えるわけがありません。
自宅に持って帰ることもできないし、オフィスや車内に置いておくにも場所を取るので本当に困りました。」

学生じゃないですし、大人の男性であれば
質の良い既製品にしておいた方がずっと嬉しいというのが本音のようです。

ものすごく分厚い手紙

ここまでくると上級に近いですね。

女性側からすると自分の気持ちを一生懸命に伝えただけなのかもしれませんが
手紙を貰った男性からすれば引いてしまう案件です。

「バレンタインには不倫相手と過ごす事が出来ず、プレゼントを受け取るだけで会いました。
私はチョコレートが好きなのでセンスの良いチョコを見た時は嬉しかったのですが、一緒に入っていた手紙を見た時は驚いたと同時に恐怖心を感じてしまいました。
私への気持ちや、家庭を壊す気はないというような事が長々と綴られていたのですが、それが逆に脅迫状のように思えてしまい、その日から会うのをやめました。」

不倫関係にある男性に対し、必要以上に自分の気持ちを伝えたりするのは重たく感じられてしまう可能性が高いです。

しっかりとした手紙よりも、一言さらっと書いておくくらいの方がカッコ良いですし
男性からの好感度も上がります。

【上級】危険度★★★
チョコレート&フルーツで女体盛

これを聞いたときはさすがの私も疑いましたが本当の話しだそうです。

「バレンタイン当日、不倫相手の彼女がゆっくり過ごしたいしルームサービスをお願いしたからホテルでディナーを、ということでホテルの部屋で会う事に。
約束の時間に部屋に行くとビニールマットみたいなものを敷いたベッドの上にチョコレートや生クリームと申し訳なさそうなくらいに少量のフルーツを乗せた状態の彼女が仰向けになっていました…。

あいにく私にはそういう性癖はないですし、こんな状況を見せられてどうすれば良いのかわかりません。
自分でやったから仕方ないのでしょうが完成度も低く、お世辞にもキレイなものではなかったので
これでヤル気になる男はいないのではと思いました。」

普段から面白いキャラの女性がネタでやったとすれば楽しめるかもしれませんが
真面目に色気攻めしようと考えての場合だと高確率で上手くいきませんのでやめておきましょう。

そのような性癖がある男性以外は全くそそられないようですし、後片付けも大変だったそうです。

チョコと離婚届と婚姻届

つづいての体験談もかなり強烈でした。
本当にこんな人いるの?と思ってしまいましたがもちろん実話です。

「僕の中ではけっこう真剣に付き合っている彼女でしたので、嘘ではなくて本当に妻と別れて一緒になれればという話しもしていました。
そんな時に彼女に貰ったバレンタインのプレゼントが、チョコレートと離婚届と婚姻届。

冗談にしても笑えないと思いましたが、彼女はいたって真面目なようでした。
そんなことをする女性だとは思っていませんでしたが、こんなこと狂気じみているし、普通じゃないと感じ彼女が怖くなりました。」

この後は想像がつくと思いますが、彼は別れを告げています。

自分との不倫関係によって彼女が精神的に弱くなってしまったのかもしれないし、もしそうだとしたら申し訳ない事をした、とも言っていましたが、どちらにせよ彼の気持ちは戻りません。

ここまでくると、ちょっとホラーですよね。
夢中になってしまうと周りが見えなくなってしまう事もあると思いますが
行き過ぎてしまうと自分の首を絞めることになりかねませんので一度冷静になってみましょう。

さすがに中級上級あたりは、同性目線で見ても「ヤバくない?」と思ってしまう内容ですね。

これを思いつく女性は中々いないとは思いますが、もしも似たようなことを考えている方がいれば考え直しましょう。

不倫中のバレンタイン…プレゼントはどうする?おわりに

バレンタインは女性にとっては一大イベントかもしれませんが
だからと言って自分の中だけで盛り上がりすぎてしまうと失敗してしまいます。

バレンタインは
貴女が楽しむ日ではなく彼に喜んでもらう日
だという事を忘れないでくださいね。

女性が考える「男性が喜ぶこと」は意外にズレていることも多いので
彼の好みや彼の負担にならない事を改めて考えてみましょう。

しっかりと彼の気持ちを考えてあげることで
彼は本心で嬉しいと思ってくれます。

貴女が一生懸命考えたプレゼントによって彼が本気で喜んでくれるということは
それと同時に、貴女もすごく幸せな気持ちになれると思いますよ。

不倫関係といえども、好き同士のカップルには変わりありません。

貴女たちが素敵なバレンタインを過ごせるように心から祈っております。

こちらもどうぞ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不倫経験ありのアラフォー女子(?)でありながら
メンタルケア心理士。
「類は友を呼ぶ」なのか、なぜか周囲にも不倫経験者が多いという不思議。
不倫で悩む女性に幸せになってもらいたいと常々思っていましたので、自分の経験も含めてサイト運営を始めることにしました。

目次
閉じる